キッチンリノベーションのデザインアイデア紹介

>

キッチンリノベーションのおしゃれな実例をご紹介

簡単便利なリメイクシートは100均で

リメイクシートとはレンガや木目などの模様が印刷された家具などに貼るシールのこと。
カッティングシートや壁紙シートとも呼ばれており、長さ80~1m、45cm幅程度のものが100均でも購入できます。
家具や壁に貼るだけで簡単に部屋の雰囲気を変えられる、お手軽なリノベーション素材として人気です。
キッチンに使う場合は、シンク扉、換気扇フード、冷蔵庫等に貼るのがおすすめ。
シールを剥がすだけで元通りになりますので、飽きがきてもすぐに別の模様にチェンジできます。
原状回復も難なく出来るので、賃貸物件のアレンジにも使えるのが嬉しいですね。
DIY初心者の方も、まずはリメイクシートからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

貼り方のコツ

簡単に模様替えの出来るリメイクシートですが、広い面積にシールを貼るため、なにも考えずに貼っていくと空気が入ってシワになってしまうことも…。
貼る前よりみすぼらしくなってしまった…なんて失敗のないように、リメイクシートにチャレンジする前に、貼り方の手順を確認しておきましょう。

1.貼る位置を決め、凹凸がないことを確認します。取っ手やフック等がある場合はドライバーで予め取り外しておきましょう。
2.除菌シートやアルコールスプレーを使い、ホコリやゴミをキレイに取り除きます。
3.リメイクシートを貼りたい箇所に合わせて大体の大きさにカットします。この時点では大雑把でOK。
4.リメイクシートの位置を合わせ、セロハンテープで仮留めします。
5.はくり紙を端から少しずつ剥がしながら、タオルやヘラで表面を撫で付けるように貼っていきます。空気を中央から端に向かって押出すのがコツ。
6.貼り終わったら余分な端に定規を当て、カッターで切り落とします。

曲面に貼りたい場合はドライヤーで熱風を当てながら貼りましょう。熱でシールが形に沿って伸びるので、シワなく貼ることができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る