キッチンリノベーションのデザインアイデア紹介

>

収納が足りないなら、おしゃれで通気性も良い吊り戸棚

吊り戸棚は邪魔?お悩み解決

吊り戸棚はキッチンの収納力アップには欠かせないパーツです。
ただ、作り付けの吊り戸棚は、高い位置にあるため開けにくいといった弱点も。
日常的に物の出し入れをするには向かないため、仕舞ってから一度も取り出すことなく、吊り戸棚に何を仕舞ったのかさえ忘れてしまうということも起こりがちです。

そこでおすすめなのが、オープンタイプの吊り戸棚。
仕舞うというよりは頭上のテーブルに『置いておく』イメージになるため、何を置いたのか分からなくなるということはありません。
観葉植物を一緒に置けば、インテリアの一部としても映えますね。
プロに頼んでも既存製品を購入して後付で付けても良いですが、
コストを抑えたければホームセンター等で木材とパーツを購入してDIYという手もあります。

吊り戸棚の種類

それでもやっぱり収納には扉が欲しい!という場合、選択肢は色々あります。

・昇降式タイプ
手で引っ張ると降りてくるタイプのスイングダウン式、ボタン操作する電動式などがあります。
故障しやすいデメリットはありますが、背伸びせずに物を取り出せるのは便利です。
・引き戸タイプ
扉が引き戸式の吊り戸棚。扉を開けるスペースのないキッチンにおすすめです。
・奥行き浅めタイプ
奥行の分、省スペースにもなり、物を取り出しやすいタイプです。
シンクの上にある吊り戸棚がある場合、手元が暗くなりにくいメリットもあります。

これら吊り戸棚本体の相場価格は高いものでも10万程度、設置費用が5万程度です。
予算を15万ほど用意しておけば、かなり理想にあった吊り戸棚を手に入れられるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る