貿易に転職なら相談【上司のサポートをする仕事】

Menu

建築現場に欠かせない職業

工事現場

求められる能力

建設現場における職業の1つとして、施工管理者がある。施工管理者は、建設現場の現場監督として監督業務を主に行う仕事となっている。施工管理には、いくつかの役割がある。大きな役割としてあるのが、建設の日程を管理することや安全面の確保、建設物の品質確保などの役割がある。建設現場においては、多くの関係者が専門分野ごとに作業を行っていくことになる。これらの建設に関わる関係者や技術者の日程、工程を綿密に計画し進捗管理などを行なわないと、スムーズに建設を進めていくことができない。その為、施工管理者にとって工程管理は重要な仕事になる。また、建設現場で事故が発生してしまうと大きな問題につながるため安全面の徹底は最重要となっている。これらの安全を確保するための役割も、施工管理者はになっている。その他、建設物に関する品質を確保するため点検を行うといったことも重要となっている。建設現場を束ねながら、建物を作っていくという役割の大きさから施工管理者の人気は高いものとなっているが、企業から採用されるためのポイントもある。これらの監督業務を中心に行い各関係者との連携を取る必要があるため、採用の際には特にコミュニケーション能力が重視される傾向がある。また、採用されるためには実績が重視される傾向もある。特に大きな現場を束ねていくためには、これまでの建設現場での実績が重要となるケースも多いため、転職などにおける採用時には特に重視されやすい。

Copyright© 2018 貿易に転職なら相談【上司のサポートをする仕事】 All Rights Reserved.